月が教えてくれること

カウアイ島の満月
Full moon rises on the east side of Kaua’i.

Kamaliʻi ʻike ʻole i ka helu pō: Muku nei, Muku ka malama; Hilo nei, kau ka Hoaka.  (ʻōlelo noʻeau: 1471)
Children who do not know the moon phases: Muku is here, Muku the moon; Hilo comes next, then Hoaka.

満月の夜ですね。数時間前に外に出た時には、雨で霧がかった空にぼんやりとまあるい月が滲んでいました。写真は数年前の東海岸の月。海に映る光が幻想的です。

月は古代ハワイの時代から、今でも、ハワイの人々にとって大切な指針です。月の満ち欠けによるカレンダーで、作物を植えることも海で漁をすることも、生活に関わるすべてのこと決められています。今日のことわざは、その月の満ち欠けを覚えるための、子供たち向けのChant(詠唱)の最初の部分です。これを唄いながら、手遊びのようなものを合わせて、子供たちは31種類ある月の名前を知るようになります。

そしてこのフレーズは、何にも物事を知らない人、質問に答えられない人、無知を表現するときに使われるそうです。月を知らなければ、生きる術を知らないのと同じこと。自然から教えを受けることで、生きる道を探る・・・ハワイの文化の奥深さがここにも表れています。

空を眺めて悠久の時の流れを感じ、祖先からおくられるメッセージを受け取ろう。良い夜を。

Aloha mai.

Kaori@Waena

香りたつヒト

10-24-15

ʻUkuliʻi ka pua, onaona i ka mauʻu.  (ʻōlelo noʻeau: 2863)
Tiny is the flower, yet it scents the grasses around it.

私事ですが、名前が「かおり」ということもあって、昔から香りにはとっても興味があります。香りが人々の心や身体にもたらす効果は、非常に大切だと思っています。写真はおなじみプルメリア。外来の花ではありますが、今ではハワイを象徴する人気のお花です。風にのって甘くさわやかな香りが漂ってきます。なんとも心落ち着く香りです。

今日のことわざは、直訳は、小さな花でも香りをふりまく、という意味。つまりどんな人でも、その魅力が回りを幸せにする、ということでしょうか。大きなことはできなくても、いつも香りたつ存在でありたいですね。

皆さま、よい週末を。

Aloha mai.

Kaori@Waena

美を語るハラの実

ハラの木の実
ハラの木の実 Fruit of Hala tree: Pandanus tectorius (Pandanaceae)

ʻAʻohe hala ʻula i ka pō.  (ʻōlelo noʻeau: 137)
No hala fruit shows its color in the darkness of night.

ハラの木というのは、古代ハワイの時代から、その葉を使って敷物や装飾品などが織られた、日常生活に大変有益な植物でした。写真は、メスのハラの木がつける実です。パイナップルに様子が似ていることから、ツーリスト・パイナップル(本当のパイナップルの育ち方を知らない観光の方々が、木になるこの実のことをパイナップルだと思うため)と呼ばれたりもします。昔から、乾燥したこの実の根元の繊維質の多い部分は、カパ(Kapa)と呼ばれる木の皮をたたいて作った和紙のようなものに紋様をつけるための、筆としても使用されました。

ことわざには、ハラの実は暗闇では色を見せない、とあります。実は、このハラの実がバラバラと落ちると、中心部は鮮やかなオレンジ色をしています。ちょっと目が覚めるような色です。美しいハラの実、夜の闇の中では美しさも意味をなさない、ということになるでしょうか。このことわざの深いところの意味は、美は周りを喜ばせてこそ、とも考えられます。また、美は周囲の幸せによって生まれる、ともいえるかもしれません。どうしてもハワイの美しい自然や人々と重ねて考えてしまいます。

Aloha mai.

Kaori@Waena

自分の居場所

カウアイ島、ワイメア渓谷のワイポオの滝
ワイメア渓谷のワイポオの滝 Waipo’o Waterfalls in Waimea Canyon


Mōhala i ka wai ka maka o ka pua.  
(ʻōlelo noʻeau: 2178)
Unfolded by the water are the faces of the flowers.

よく質問を受けます・・・どうしてカウアイ島、なのですか?それは、私にとってカウアイ島という場所が、「自分の居場所」なのかな、と感じたから。今まで済んだ場所も、もちろん生まれ育った場所も、今でも大好きです。でも、カウアイ島には何か最初の滞在のときから惹かれていたので、こうして長い間住むことになる運命だったのかもしれないですね。

今日のハワイのことわざは、花の美しさは水によって作られる・・・といったような意味のもの。そして、この教えは、人は周りの環境によってその人生の良しあしが決まる、ともとれます。幸せでいられるのは、周り皆さまのおかげ様。それが、自分で選んだ環境であったとしても、その場にいられること、そのことに感謝して過ごしたいですね。

自分が幸せになれる場所をみつけること、とても大切だな、と思います。そして愛する人にそんな場所をつくってあげることも。

カウアイ島は水の豊富なところです。みずみずしい緑は、多くの雨が山に降り注ぐおかげ。こんな滝の流れ落ちる様子を見ていると、とても心が和みます。人生の豊かさとは、何か。いつも自然に教えられています。

Aloha mai.

Kaori@Waena

固有種のひたむき

ハワイ固有の白いハイビスカス
ハワイ固有種のハイビスカス Koki’o keokeo (Hibiscus waimeae)

Aia no ka pua i luna.  (ʻōlelo noʻeau: 72)
The flower is still on the tree.

今現在ハワイの花として人々に知られている花の多くは外来種で、本来のハワイ固有種の繊細な様子とは違って、色合いも鮮やかで花自体も堂々たるものが多いのです。写真の白いハイビスカスは、ただ誰にも主張せずそっと開くような可憐な花ですが、香りがとても強くまわりを誘います。

花はまだ木に咲いている。直接的にはこんな意味の上記ことわざの本当に意味するところは、お年を重ねた女性の美しさを称えたもの。女性はいくつになっても香りたつ魅力を備えている・・・それを美しく伝える言葉を持つハワイの人々の叡智に敬服します。

固有種のもつひたむき。女性本来の持つ力強さにも通じるような気がします。いくつになっても香り漂わせる女性であり続けたいものです。

Aloha mai.

Kaori@Waena

 

 

尊厳の山-ハウプ

10-13-15
Hāʻupu mauna kilohana i ka laʻi.  (ʻōlelo noʻeau: 496)
Hāʻupu, a mountain outstanding in the calm.

カウアイ島のハウプ山。その堂々とした凛々しい様子から、事を成し遂げた立派な人物の描写として使われます。静かに佇むどっしりした姿が頼もしく、毎日車で移動しているときに目に入ると、どこか「守られているな」と感じることができる、そんな風景です。

ハウプの山は、古代ハワイの人々にとっても大切な山で、ことわざにも多く残されています。海から最初に目に入った山ともいわれています。興味深いのは、ハウプ山の上に雲がかかるとそのあとすぐに雨が降る、と言われていて、昔から天気予報に使われていたということです。ハウプ山に関することわざについては、また別の機会にお話したいと思っていますが、人々の暮らしに密着していて、それでいて尊敬すべき偉大な存在だった、それがハウプ山だと思います。

カウアイ島にお越しの際は、空港からすぐにご覧いただくことが出来ると思いますので、ハウプ山のあたたかいチカラを感じてみてくださいね。

Aloha mai. 今日も良い日でありますように。

Kaori@Waena

E komo mai! はじめに。

10-9-15

Hala i Kauaʻi i Kalalau.  (ʻōlelo noʻeau: 419)
Gone to Kalalau, Kauaʻi.       

カウアイ島のカララウに行く。美しい景観に圧倒され、しばし我を忘れる場所です。最初にご紹介した上記のハワイの格言には、ただカララウを眺めるという意味だけではなく、カララウで正気を失い彷徨う、精神的に行き場を失う、といったような意味もあります。カララウの持つ魔力のようなものを直接的に表しているように思います。

カウアイ島はどちらを見回しても大変美しく、みずみずしい緑あふれるマジック・アイランドです。この島に観光の目的でいらっしゃる方々、そしてこの島の魅力に取りつかれて長く住むことになる人々、そのすべての人々を包み込む、大いなるチカラを持っている島です。

私もカウアイ島を好きになって、頻繁に来るようになって、10年が経ちました。このカウアイ島で、Waena Worksという会社を立ち上げ、これからカウアイ島と日本の皆さまとの間でお役に立てるよう頑張っていきたいと思っています。

どのような形でこのWaena Worksが育っていくか、まったく未知ですし、とても楽しみにしています。このLetter from Waena Worksから、いろいろと発信していきたいと思っておりますので、どうぞご期待ください。

Aloha mai,

代表 柴田かおり